29年11月の花

.【花名】:カリブラコア ナス科 カリブラコア属 南米原産 カリブラコア属は1990年ペチュニア属から分割されてできた新しい属で25種からなる ペチュニアに良く似た小輪花を長期間咲かせる草花で品種改良が進んでいる

2.【別名】: ミリオンベル

3.【花期】: 4月~11月

4.【花言葉】: 心が安らぐ・自然な心・あなたといると心が和む(ペチュニアの近縁種であることから同じ花言葉)   5.【撮影】:荏田西

1.【花名】: プレクトランサス シソ科 ケサヤバナ属 南アフリカ原産 ギリシア語の「雄鳥の蹴爪」「花」の二つが合わさったもので筒状の花の見た目に由来

2.【別名】:プレクトランツス 

3.【花期】:5月~11月(10・11月が開花最盛期) 

4.【花言葉】: 許し合う恋・沈静・広がる野望・広がる希望     5.【撮影】:山中湖

1.【花名】:アルテルナンテラ ヒユ科 ツルノゲイトウ属 ブラジル原産約200種ほどあり、多くは花でなく秋に鮮やかに紅葉した葉を楽しむ(赤・黄・褐色等々)

2.【別名】:赤葉千日紅・千紅花火・ツルノゲイトウ・モヨウビユ・テランセラ・アキランサス・レッドフラッシュ           3.【花期】:10月~12月 

4.【花言葉】:変身・熱すると冷める恋・燃え上がった情熱 

5.【撮影】:荏田西

1.【花名】:コノフィッム ハマミズナ科 コノフィッム属 アフリカ南部原産「メセン(女仙)類」「メセンの仲間」と呼ばれる多肉植物の代表的な属の一つで「脱皮」をする植物として知られている 様々な花色の品種が日本で作出されている 松葉菊の近縁種

2.【別名】:玉型女仙 

3.【花期】:9月~1月(種類による) 

4.【花言葉】:似たもの同士 

5.【撮影】:山中湖

1.【花名】:シーマニア イワタバコ科 グロキシニア属 ボリビア・ペルー等の熱帯森林に自生する常緑の多年草で細長い茎の上に各々10個程の朱色や橙・黄色の筒状の花をつける

夏の直射日光に弱く寒さにも弱い

2.【別名】: グロキシニア シルヴァテカ・シーマンニア ラティフォリア   3.【花期】: 9月~2月

4.【花言葉】:繁栄・コミュニケーション 

5.【撮影】:山中湖

1.【花名】:レオチノス シソ科 レオチノス(カエンキセワタ)属南アフリカ原産で約20種が分布 ハーブの仲間でギリシア語の「ライオンの耳(尾)」という意味 

2.【別名】:火焔被綿(カエンキセワタ)・レオチノスセージ・ライオンズイヤー・ライオンテイル   3.【花期】: 10月~12月    4.【花言葉】:雄大・特徴 

5.【撮影】:市が尾

1.【花名】:ブラキカム キク科 ブラキカム(ヒメコスモス)属 オーストラリア・ニュージランド原産明治末期渡来 コスモスをコンパクトにしたような花姿が可愛い花 日本ではブラキカムと使われるが「ブラキスコメ」が正解 

2.【別名】:姫秋桜・姫嫁菜 

3.【花期】:3月~11月 

4.【花言葉】:いじらしい・可憐な仕草・優美・野生美 

5.【撮影】:茅ケ崎市

1.【花名】:糸辣韭(イトラッキョウ) ユリ(ネギ)科 アリウム(ネギ)属 日本固有種で長崎県平戸島のみに分布し岩場に生える レッドリスト準絶滅危惧種に指定されている

2.【別名】:千島辣韭・深山辣韭・梅咲辣韭・花辣韭 

3.【花期】:10月~12月 

4.【花言葉】:つつましいあなた   5.【撮影】:都筑区荏田東

1.【花名】:ブルーエルフィン クマツヅラ科 クサキ(クレロデンドラム)属 クレロデンドラムはギリシア語の「運命」と「樹木」という意で呪術に利用した又は強い薬効を持つなどに因む 

2.【別名】:クレロデンドラム・クレロデンドロン・ブルーバタフライフラワー・ブルーバタフライブッシュ・ブルーウィング 

3.【花期】:7月~9月又は10月~12月 

4.【花言葉】:大きな希望・チャンス到来     5.【撮影】:都筑区荏田東

1.【花名】:ユーフォルビア ダイヤモンドスター トウダイグサ科 トウダイグサ(ユーフォルビア)属 メキシコ南部原産 ユーフォルビアダイヤモンドフロストの八重咲品種 純白の苞が株一面に覆う 伸びにくくコンパクトな為寄せ植えに使いやすい 

2.【花期】:4月~11月 

3.【花言葉】: 君に会いたい    4.【撮影】:都筑区仲町台

29年10月の花

1.【花名】:トラディスカンチア シラモンタナ 露草科 紫露草(トラデスカンチア)属 メキシコ原産 17世紀英国王チャールズ一世の庭師で有名な植物学者の名前に因んで命名 全体に白い軟毛に覆われている

2.【別名】:トラディスカンティア・トラジスカンティァ・ホワイトベルベット・白雪姫・白絹姫    3.【花期】:6月~10月 

4.【花言葉】:秘かな恋・乙女の真心・届けたい切ない気持ち 

5.【撮影】:浦賀コミュニティセンター

1.【花名】:パボニア アオイ科 パボニア属 ブラジル原産 ハイビスカスの近縁種 葉の脇に細く真赤な苞の間に濃い紫色の蕾を覗かせ苞と萼が開くと長く花柱を突き出して咲く不思議な花

2.【別名】:ケルメシアナ・パボニアインターメディア・パボニアインテルメディア・矢の根梵天花(ヤノネボンテンカ)

3.【花期】:7月~10月 

4.【花言葉】:慎重・安堵 

5.【撮影】:山中湖

1.【花名】:コキア ゴマノハグサ科 ホウキギ属 南ヨーロッパ原産 中国より渡来 実は「とんぶり」といい「畑のキャビア」といわれる 花は沢山つけるが花びらがない為 目立たない コキアの魅力は花ではなく葉っぱです

2.【別名】:箒草・帚木・スコーピア・トンブリ

3.【花期】:9月~10月   4.【花言葉】:恵まれた生活・夫婦円満・あなたに全て打ち明けます  5.【撮影】:荏田南

1.【花名】: 椿科 椿属 中国原産奈良時代に渡来 茶の木の寿命は品種によるが150~200年程度 日本では新鮮なお茶を摘む為に20~30年で植え替えられる 

花は一般に下向きで雄蕊は筒状にならない

2.【別名】:茶の木・茶樹 

3.【花期】:10月~12月 

4.【花言葉】:追憶・純愛      5.【撮影】:向島

1.【花名】:蕎麦 蓼科 ソバ属

中国南部原産 縄文時代に伝来した ソバは日本食のイメージが強いが世界各国で救荒食物として5世紀頃から栽培されていた 食べ方は違うが粥状にしたり粉をひいて焼いて食されている 蕎麦の和名である蕎麦とはソバムギの略称

2..【花期】:6月~10月 

4.【花言葉】:懐かしい思い出・喜びと悲しみ・貴方を救う・一生懸命・誠実 

5.【撮影】:立川市昭和記念公園  赤の蕎麦は「高嶺ルビーNeo」で修景用品種

1.【花名】:ヘーベ アクティフォリア ゴマノハグサ科 クワガタソウ(ベロニカ)属 ニュージランド原産 属名のベロニカは聖女ベロニカに捧げられた名前

2.【別名】:ベロニカリバリス・ベロニカアクティフォリア 

3.【花期】:9月~11月  4.【花言葉】:永遠の命・青春・影の努力者・たゆまぬ努力     5.【撮影】:大船フラワーセンター

1.【花名】: 蓼科 犬蓼属 インド原産 阿波藍と呼ばれる徳島県産のものが最高級品として江戸時代には大きなシェアを誇っていたが明治時代に入り安価な「インディゴフィラ」が輸入されシェアを奪われた、20世紀に入り化学合成した人口染料が発明されると天然の藍そのものが衰退した 

2.【別名】:蓼藍(タデアイ)・藍蓼(アイタデ) 3.【花期】: 8月~10月

4.【花言葉】:美しい装い・あなた次第   5.【撮影】:荏田南

1.【花名】:ブルーキャッツアイ ゴマノハグサ科 オタカンサス属 南※・オーストラリア原産 青むらさきいろの2枚の花弁と中央の白い斑がシャム猫の目を連想させることから命名 ブールーキャッツアイは流通名 

2.【別名】:オカタンサス・コエルレウス・ブラジリアンスナップゴールド・アマゾンブルー          3.【花期】:9月~12月 

4.【花言葉】:気紛れ・気移り・心変わり   5.【撮影】:荏田西

1.【花名】:ミセバヤ ベンケイソウ科 ムラサキベンケイソウ属 

香川県小豆島原産 古典植物として古くから親しまれ観葉植物としての価値が高い ミセバヤとは「誰にみせようか」という意味の古語 生粋の自生す個体が減り小豆島は絶滅危惧種に指定

2.【別名】:玉緒(タマオ) 

3.【花期】:10月~11月 

4.【花言葉】:慎ましさ・穏やか・憧れ・上品な美・静穏・平穏・憧憬・安心・大切なあなた 

5.【撮影】:荏田南

1.【花名】:金魚草 オオバコ科 キンギョソウ属 南ヨーロッパ・北アフリカ・地中海沿岸原産で江戸時代後期に渡来 沢山の園芸品種が生み出され花色・草丈のバリエーションが豊富 

2.【別名】:スナップ・スナップドラゴン・アンテリナム 

3.【花期】:3~6月・9月~10月 

4.【花言葉】:御喋り・出しゃばり・お節介・強い欲望・予知・騒々しい・図図しい・清純な心 

5.【撮影】:荏田西

29年9月の花

1.【花名】:白根川芎(シラネセンキュウ) セリ科 シシウド属 日本原産 日光白根山で発見され漢方薬原料センキュウに似ている事により命名 秋の低山地で湿り気のある所に生えているのは白根川芎の事が多い 

2.:【別名】鈴鹿芹  

3.【花期】:9月~11月   4.【花言葉】:永遠にあなたのもの  

5.【撮影】:軽井沢

1.【花名】:南蛮煙管(ナンバンギセル)ハマウツボ科 ナンバンギセル属 日本・南アジア原産 花形が南蛮人の煙草を吸う煙管に似ていることから命名 イネ科やカヤツリグサ科(ススキ・ミョウガ・ギボウシ・ユッカ等々)に寄生し陸稲や砂糖キビの栽培地帯では大害草として嫌われる

2.【別名】:煙管草(キセルソウ)・思い草(オモイグサ)

3.【花期】:8月~10月 

4.【花言葉】:物思い 

5.【撮影】:四季の森

1.【花名】:蝦夷竜胆(エゾリンドウ)リンドウ科 リンドウ(ゲンティアナ)属 日本・サハリン原産 根は漢方としての薬効がある竜の肝のように苦いので漢方の「竜肝」と名前がついたという 花屋さんで竜胆として販売されているものは蝦夷竜胆の栽培もの

2.【別名】:オコリオトシ・トウリンドウ・ゲンチアナ・疫病草(エヤミグサ)・笹竜胆

3.【花期】:9月~11月 

4.【花言葉】:悲しんでいるあなたを相する・正義・貞節・誠実・苦悩・さびしい愛情等

5.【撮影】:山中湖

1.【花名】:リューカデンドロン ヤマモガシ科 リュウデンドロン属 南アフリカ原産 白という意の(リュウカ)木という意の(デンドロン)の組み合わせたた名前 葉・茎・花と全体を固い葉で覆われている様な個性的で色・大きさも種類が多い 

2.【別名】:銀葉樹(ギンヨウジュ)・シルバーツリー・レウカデンドロン  3.【花期】:9月~11月

4.【花言葉】:物言わぬ恋・沈黙の恋・閉じた心を開く・絢爛たる情熱 

5.【撮影】:市が尾

1.【花名】:晒菜升麻(さらしなしょうま)キンポウゲ科 サラシナショウマ属 日本・中国分布 若葉を晒して食用にする事から命名 根茎を乾燥させたものを生薬の升麻といい解毒・解熱座位とする 地域により絶滅危惧種に指定

2.【別名】:ショウマ・ヤマショウマ   3.【花期】:8月~10月  4.【花言葉】:温かい心・雰囲気の良い人・愛敬・無邪気       5.【撮影】:軽井沢

1.【花名】:蔓紫(ツルムラサキ)ツルムラサキ科 ツルムラサキ属 熱帯アジア原産 栄養価が高く薬草として利用価値が高い 花は金平糖に似た甘さがあり花弁は無く萼片が薄いピンクや藤色で、一度根を張るとこぼれ種で新しい芽を出すほど生命力が強い

2.【別名】:セイロンホウレンソウ・インデアンホウレンソウ 

3.【花期】:7月~10月 

4.【花言葉】:頼りにします・頼りにしすぎ 

5.【撮影】:荏田南

1.【花名】:オルトシフォン ラビアツス シソ科 オルトシフォン(ネコノヒゲ)属 南アフリカ原産 ギリシア語で真っ直ぐな(オルト)管(シフォン)から命名 枝先から総状花序を出しピンクの唇形花を多数つける 遠目にはサルビア属の花に良く似ている 「猫の髭」の仲間

2.【別名】:ピンクセージ・ピンクパンサー 

3.【花期】:9月~11月 

4.【花言葉】:なし オルトシフォンには楽しい家庭・進歩・貢献の花言葉がある 

5.【撮影】:市が尾

1.【花名】:松葉牡丹 スベリヒユ科 スベリヒユ(ポーチュラカ)属 ブラジル・アルゼンチン原産 葉が松葉に花が牡丹に似ていることから命名 一日花だが花数が多く殆ど途切れることなく次々と咲く、花色が豊富で一重咲・八重咲・万重咲まである

2.【別名】:爪切草(ツメキリソウ)・日照り草・不亡草(ホロビンソウ)・摘み切草    3.【花期】:6月~9月

4.【花言葉】:無邪気・可憐           5.【撮影】:大場町

1.【花名】:荒地瓜(アレチウリ) ウリ科 アレチウリ属 北米原産1952年清水港で確認されたのが最初で特定外来生物に指定され、日本の侵略的外来種ワースト100に選定 雌雄同株異花 雌花は6mm球状に集合・牡花は1cm総状

2.【花期】:8月~10月 

4.【花言葉】:生命力あふれる    5.【撮影】:早淵川

1.【花名】:トルコキキョウ リンドウ科 ユーストマ属 北米原産1930年代に渡来 花や蕾の形がトルコ人のターバンを連想させる・一重咲の花形が桔梗に似ている・原色の青色の花弁がトルコ石を連想させる事に由来 、流通している殆どの品種は日本原産(他国のトルコキキョウは戦争の影響で粗絶えた) 2.【別名】:ユーストマ・リシアンサス・エウストマ    3.【花期】:5月~9月    4.【花言葉】:清々しい美しさ・明るい未来・思いやり・希望・優美   5.【撮影】:荏田南

29年8月の花

1.【花名】:レウコフィルム ゴマノハグサ科 レウコフィルム属 アメリカ南部~メキシコ原産 ギリア語のleuco(白) phyllum(葉)からこの名がついた 我国の園芸界ではタイ語のニーオンの名で流通している

2.【別名】:レウコフィラム・ニーオン・フルテスケンス 

3.【花期】:5月~7月・10月~11月又6月~11月との記載有り 

4.【花言葉】:敬慕 

5.【撮影】:青葉区市が尾

1.【花名】:目弾き(メハジキ) シソ科 メハジキ属 日本・朝鮮半島原産 子供達が短く切った茎を瞼の間に挟み飛ばしたのが由来 

花は葉腋に多数付く 3裂した下唇は中央が更に2裂する

 2.【別名】:益母草(ヤクモソウ) 乾燥させ産前産後の薬として用いられたことから 

3.【花期】:7月~10月

4.【花言葉】:良き願い・憎悪・憎しみ 5.【撮影】:都筑区

1.【花名】:チコリ キク科 キクニガナ属 ヨーロッパ・中央アジア原産 江戸末期~昭和初期に渡来 花より野菜・ハーブとして有名

2.【別名】:菊苦菜(キクニガナ) ・チコリー・チコレ・シコレ・

3.【花期】:6月~8月 

4.【花言葉】:待ちぼうけ・節約・質素・倹約・私の為に生きて   5.【撮影】:都筑区南荏田

1.【花名】:ガガイモ カガイモ科 カガイモ属 中国・朝鮮半島原産 花の古名は「かがみ」で芋に似た実をつけることから「カガミイモ」が転訛した説・葉の形が「ガガ(スッポン)に似ているの説有り 実が割れると長い白毛をつけた扁平な種子が風に運ばれる 

2.【別名】:乳草(チチクサ)・草綿(クサワタ)

3.【花期】8月~9月 

4.【花言葉】:清らかな祈り・味わい深い 

5.【撮影】:都筑区自然生態園

1.【花名】:槐(エンジュ) マメ科 エンジュ(クララ)属 原産地中国では高官に出世すると庭に植える風習があり、幸福を呼ぶ縁起の良い木とされていた 丈夫で大気汚染にも強いことから道路や公園に植えられることが多い樹木

2.【別名】:槐樹(カイジュ)・黄藤(キフジ)・三公の木 

3.【花期】:7月~8月 4.【花言葉】:幸福・上品・慕情 

5.【撮影】:青葉区荏田西

1.【花名】:カルーナ ツツジ科 ギョリュウモドキ(カルーナ)属 モロッコ・ヨーロッパ北西部・シベリア原産 エリカに近い品種で数えきれない程の品種がありバリエーション豊富な植物として知られている 他の植物が育たないような賛成土壌の荒地でも育つ

2.【別名】:ブルガリス・御柳擬(ギョリュウモドキ) 

3.【花期】:6月~9月 

4.【花言葉】:自立・旅立ち・連理の枝・誠実 

5.【撮影】:青葉区折田不動

1.【花名】:ブルーファンフラワー クサトベラ科 スカエボラ属 オーストラリア原産 半円状に広がる花の姿から「扇の花」ファンフラワーと呼ばれている 

2.【別名】:末広草(スエヒロソウ)・スカエボラ・ナウバカ

3.【花期】: 4月~10月

4.【花言葉】:祝杯をあげる・可能性・涼しい風を運ぶ人・あふれる可能性・浮気な心・良い事がありますように    5.【撮影】:青葉区市が尾

1.【花名】:スネイルフラワー マメ科 ササゲ属 ヴェネズェラ原産 名前は蕾の形がカタツムリ(sneil)に似ていることから 緑のカーテンとして楽しむ事も出来る

2.【別名】:クライミング エスカルゴ・ヴィグナ カラカラ・ファセオルス カラカラ・コークスクリューバイン

【花期】:6月~10月 4.【花言葉】:楽しいおしゃべり 

5.【撮影】:都筑区中川

1.【花名】:荒地花笠(アレチハナガサ) クマツヅラ科 クマツヅラ属 ブラジル原産の野草であり現在世界各地で帰化状態にある 我国では1957年北九州市・大牟田市で雑草化しているのが発見 年々北上している 茎が細く茎の天辺に小さな花が寄せ集まり菅笠に赤い花飾りをつけた花笠のように見えることから命名

2.【花期】:7月~9月

3.【花言葉】:心を奪われる 

4.【撮影】:都筑区早淵川

1.【花名】:水無月(みなづき) アジサイ(ユキノシタ)科 アジサイ属 日本原産で古くから栽培されている 円錐形の花房に純白の花が沢山咲く 花全体が全部装飾花となっている 糊空木の園芸品種で旧暦の6月(水無月)頃に咲く事から命名

2.【別名】:ピラミッドアジサイ 

3.【花期】:7月~9月 

4.【花言葉】:高慢・高貴・乙女の夢・移り気な方 

5.【撮影】:都筑区中川

29年7月の花

1.【花名】:メディニラ マグニフィカ ボタン科 メディニラ属

フィリピン原産の熱帯花木 マグニフィカは「規模の大きい」という意でメディニラの中でも大型の部類に入る ピンクの花の様なのは苞でこの中に沢山の球状の小花を咲かせ垂れ下がる 

2.【別名】:大葉宿野牡丹(オオバヤドリノボタン) 

3.【花期】:7月~8月 

4.【花言葉】:温和・親切心・優しさ     5.【撮影】:大船フラワーセンター

1.【花名】:地湧金蓮(チユウキンレン) バショウ科 ムセラ属 雲南省原産 黄色の花弁のように見えるのは苞で、花はその間に小さく咲き目だたない 1990年大阪花博の目玉植物として展示され栽培が普及した 蓮とは何ら関係ない

2.【別名】:耐寒バナナ・チャイニーズ イエロー バナナ・ムセララミオカルパ・雲南地湧金蓮 

3.【花期】:大体秋からが一番多く咲く、咲くとと約1年間近く咲く 

4.【花言葉】:幸運を招く・あなたと一緒なら心が和らいでくる 

5.【撮影】:大船フラワーセンター

1.【花名】:ピーマン ナス科 トウガラシ属 中南米原産 日本の店頭で食用として販売されるものは明治時代初期伝わったイスパニア種を品質改良した中形で緑色の物が多い 

2.【別名】:甘唐辛子・西洋唐辛子  3.【花期】:7月~10月 

4.【花言葉】:海のめぐみ・同情・哀れみ  5.【撮影】:都筑区仲町台

1.【花名】:鋸草(ノコギリソウ) キク科 ノコギリソウ属 北半球の温帯原産約100種が知られており薬用成分を含むものもある ギリシアの英雄アキレウスが戦争中兵士に鋸草の効用を伝えた事から呼ばれる

園芸用では花色も豊富 

2.【別名】:羽衣草・アキレア・ヤロウ  3.【花期】:6月~9月  4.【花言葉】:戦い・勇敢・治療 

5.【撮影】:都筑区茅ヶ崎

1.【花名】:白妙菊 キク科 セネシオ属 地中海沿岸原産 明治末期渡来 銀葉の代表種でシルバープランツとして最近は寄せ植え・ハンギングバスケット・コンテナ・切り花などに盛んに利用 

2.【別名】:ダスティミラー(埃にまみれた粉屋)・シルバーレース・セネシオ 3.【花期】:6月~8月 

4.【花言葉】:穏やか・あなたを支える  5.【撮影】:青葉区荏田西

1.【花名】:夏水仙 ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 中国原産 夏に花が咲き葉と球根が水仙に似ているから命名 毒性がある 日本に自生している夏水仙は中国原産のスプレンゲリとストラミネアの自然交雑種です

2.【別名】:裸百合(ハダカユリ)・傾城花(ケイセイバナ)・ピーピーグサ・スクアミゲラ・リコリス(彼岸花科の花を総称して呼ぶこともある)

3.【花期】:7月~8月 

4.【花言葉】:快い楽しさ・悲しい思い出・楽しむめ深い思いやり 

5.【撮影】:青葉区市が尾

1.【花名】:岡虎の尾(オカトラノオ) サクラソウ科 オカトラノオ属 北海道から九州にかけて分布 一方に偏って白い小さな花をびっしりつけ傾いた長い花穂を虎の尾に例えた 

2.【別名】:虎尾草(トラオソウ) 

3.【花期】:6月~7月 

4.【花言葉】:優しい風情・忠実・清純な恋・貞操   5.【撮影】:緑区北八朔

1.【花名】:ニゲラ キンポウゲ科 クロタネソウ属 南欧・中東・南西アジア原産 江戸中期渡来 花ひらのように見えるのは葉が変化した萼で実際の花びらは大家して目立たなくなっている

2.【別名】:クロタネソウ・ブラッククミン・ワイルドフェンネル・フウセンポピー 

3.【花期】:4月~7月  4.【花言葉】:深い愛・困惑・当惑・不屈の精神・夢の中の恋   5.【撮影】:都筑区仲町台

1.【花名】:アスター キク科 エゾギク属 中国北部原産 江戸時代中期渡来 多彩な花色と花形が特徴で八重咲き・一重咲き・重ねの厚いぽんぽん咲き管弁のもの等品種が多い 夏の切り花として親しまれている 

2.【別名】:蝦夷菊・薩摩菊 

3.【花期】:7月~9月 

4.【花言葉】:変化・追憶・同感・信じる心・花色により別途有 

5.【撮影】:青葉区荏田西

1.【花名】:千日紅(センニチコウ) ヒユ科 セスニチコウ属 熱帯アメリカ・熱帯アフリカ原産 百日紅は100日咲くと言われ命名、百日紅よりも長い間 花を咲かせるので千日紅という風に呼ばれるようになった

2.【別名】:千日草 

3.【花期】:6月~10月 

4.【花言葉】:色あせぬ愛・不朽   5.【撮影】:青葉区荏田西

29年6月の花

1.【花名】:オキシペタルム ブルースター キョウチクトウ科 トゥイディア属(ルリトウワタ属)ブラジル・ウルグアイ原産 咲き始めは紫がかった薄青色で次第に青みが強まり咲き終わりはピンク色を帯びる、西洋では男子の誕生を祝う時にブルースターを贈るらしい 

2.【別名】:瑠璃唐綿(ルリトウワタ)・ブルースター・トゥイディア 

3.【花期】:5月~10月 

4.【花言葉】:幸福な愛・信じあう心・早すぎた恋・身を切る想い

5.【撮影】:都筑区荏田南

1.【花名】:浅沙・阿佐佐(アサザ)ミツガシワ科 アサザ属 日本・ユーラシア大陸原産 一日花で午前中に咲き夕方に閉じる 環境省レッドリスト準絶滅危惧種 浅い水辺に咲く・浅早く咲くからアサザとの説がある

2.【別名】:花蓴菜(ハナジュンサイ)・犬蓴菜(イヌジュンサイ)・ウォーターフリンジ  3.【花期】: 6月~9月 

4.【花言葉】:しとやかな・平静・信頼   5.【撮影】:都筑区中川

1.【花名】:石榴・柘榴(ザクロ)地中海地方原産で平安時代に中国から伝わった果樹で沢山の種類がある 

2.【別名】:セキリュウ 

3.【花期】:6月~7月 

4.【花言葉】:円熟した優雅さ・子孫の守護・結合・お互いに思う 

5.【撮影】:青葉区市が尾

1.【花名】:アベリア スイカズラ科 ハネツクバネウツギ属 中国原産で19世紀に中国で植物採集した英国医師・博物学者クラーク・エーベルの名前に因む

2.【別名】:花園衝羽根空木(ハナゾノツクバネウツギ)・衝羽根空木

3.【花期】:6月~11月   4.【花言葉】:強運・謙虚・謙譲

5.【撮影】:青葉区市が尾

1.【花名】:コンボルブルス ヒルガオ科 コンボルブルス属(セイヨウヒルガオ属)温帯から亜熱帯の広い地域に200~250種が分布しており、1940年以降に園芸用植物として渡来、蔓性で成長が早く周りの植物に影響を与えてしまう為要注意外来植物に指定 

2.【別名】:西洋昼顔・ブルーカーペット 

3.【花期】:5月~9月

4.【花言葉】:絆・縁・依存・失望・飽きっぽい・楽しい思い出 

5.【撮影】:都筑区荏田南

1.【花名】:ストケシア キク科 ストケシア属(ルリギク属)北米原産 1910年代に渡来 植物にある薬用効果を研究した英国植物学者ジョナサン ストークスの名前に因む

2.【別名】:瑠璃菊・ストークスアスター3.【花期】:6月~10月 

4.【花言葉】: 清らかな乙女・清楚な娘・追憶・追想・たくましさ  5.【撮影】:都筑区荏田南

1.【花名】:バーベナ ピンクパフェ クマツヅラ科 バーベナ属 南米原産でヘブライ語の「よい植物」が語源 ピンクパフェは宿根バーベナの改良品種で花形が桜に似ていて花色が豊富で華やかであることから命名 

2.【別名】:美女桜・ピンクパフェ 3.【花期】:6月から10月

4.【花言葉】:家族愛・柔和・魅惑する・忍耐・勤勉 

5.【撮影】:青葉区荏田西

1.【花名】:檸檬(レモン)ミカン科 ミカン属 インド原産明治6年静岡県で栽培開始された 柑橘類の代表的なレモンはビタミンCが豊富で酸味が強い果実で一つの樹に200個程度のレモンがなる 花は最初は紫でその後白くなるねレモンの原種である「シトロン」ら別名が枸櫞(クコ)でクエン酸の語源 2.【別名】:レモン 

3.【花期】:5月~10月 

4.【花言葉】:誠実な愛・愛に忠実・情熱・陽気な考え・香気・熱意を持つ 

5.【撮影】:青葉区市が尾

1.【花名】:フクシア アカバナ科 フクシア属 中南米原産で100種以上現存するといわれる原種を掛け合わせ今では2,000~3,000種もの園芸品種があるとされている 品種改良は今でも盛ん 

2.【別名】:釣浮草(ツリウキソウ)・レディス イアードロップ・ホクシア・ホクシャ・フクシア・フューシア・ヒョウタンソウ 

3.【花期】:4~7月/10~11月 

4.【花言葉】:好み・信じた愛・恋の予感・交友・信頼・上品な趣味・暖かい心 他

5.【撮影】:青葉区荏田町

1.【花名】:ルドベキア キク科ルドベキア属(オオハンゴンソウ属)北米に30種類ほどが分布、多年草のルドベキア ラシニアタは特定が依頼植物に指定され駆除対象

2.【別名】:大反魂草・粗毛反魂草・松笠菊・衣笠菊・グリオサデージー3.【花期】:6月~10月 

4.【花言葉】: 正義・公正・正しい選択・強い精神力・立派  5.【撮影】:都筑区荏田南